DTM、カメラ、音楽理論、そして創作関連にまつわる事をゆるゆると書いています。
ドミナント・モーションと裏コードは別に怖くないよって話

皆さんは普段からドミナント・モーションしてますよね?(確認)

 

「お前は何を言っているんだ?」と思った方、ピアノの伴奏に合わせて「起立・礼・着席」をしたときのことを思い出してみてください。

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

この時の「礼→着席」の和音(コード進行)がドミナント・モーションです。

多くの人は、「起立・礼」の後いつまでも「着席」の音が鳴らないと落ち着かないと思います。

ドミナント・モーションは、この「落ち着きたい力」のことをいいます。

 

落ち着きたい気持ちの正体

さて、この「礼」のままだと落ち着かない気持ちの正体は何でしょうか。

それは、ドミナント(G7)の中に含まれている「ファとシ」の音です。

(※記事中はCメジャーキーを基準とし、「礼」の音をV7(G7)として記します)

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

ファとシの音は「増4度」の関係といい、この2音はとても不安定な響きを持っています。ピアノなどで弾いてみると、その不安定さがよくわかります。

またこの増4度の響きには一つ特徴的な性質があり、「それぞれの半音下と半音上に落ち着こうとする力を持つ」というものです。

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

つまり「“不安定な状態(ファとシを含むG7)”から“落ち着いた状態(ミとドを含むC)”になりたい」という音楽的な性質が、ドミナント・モーションの正体というわけです。

 

ところで、よく聞く「裏コード」って結局何なの?

ドミナント・モーションの話になると、必ずと言っていいほど出てくるのが「裏コード」という言葉ですね。

当然「何が裏なの?」という疑問が出てくると思います。

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

上は『5度圏』の図といって、時計回りに「5度上の音」を表し、12音でちょうど一周しています。

「裏コード」というのはまさに「『5度圏』の真裏にあるコード」のことを指します。

例えばG7のコードであれば真裏のD♭7がそれにあたり、CメジャーキーのドミナントであるG7と同じ働き(Cのコードに落ち着きたくなる)をします。

 

なぜCメジャーキーから最も縁遠く見えるD♭7が、ドミナントであるG7と同じ働きをするのか、それは次の五線譜を見てみてください。

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

2つのコードには、共通する増4度の音(ファとシ)が含まれています。

先に書いたように、この2音はコードの性格を決める音であり、(Cメジャーキーにおいて)ファは半音下のミ、シは半音上のドに落ち着こうという力が働きます。

つまり、Cメジャーキーでドミナントとして扱うD♭7については、「ファとシは性格を決める音」で、「レ♭とラ♭は響きを決める音」と役割が分けられます。

 

「起立・礼・着席」はもっとエモーショナルでもいいのでは?

ところで皆さんは、そろそろ普通の「起立・礼・着席」に飽きてきた頃じゃないですか?

そこで、上記を元にリハーモナイズ(コード進行をアレンジ)したパターンを作ってみました。

 

ドミナント・モーションと裏コード

 

さすがエモーショナル、全く落ち着きません。

クラスで浮いた子にならないよう、リハーモナイズは用法・用量を守って行いましょう。

音楽理論/コード comments(0) -
| 1/9 | >>